白光文字200



白光 2022年5月例会 秀作



秀  作  作  品 画  題








  

上西
達郎

例会秀作
No.7

二人の世界

 得点: 11点(講評者点 6点+会員互選点 5点)
 講評: 朝日・白馬など残雪輝く後立山連峰をバックに、半ばシルエットになった二人連れを 情緒豊かに捉えられました。
     桜と土手が額縁になり、少し寄り添う二人の姿を引き立ててくれています。著名な観光地を訪れながら 独自の視点で
     被写体を見つけ出し、見事な作品に仕上げられました。
 作者コメント:
     春の風物詩四重奏(チュリップ+菜の花+桜+残雪の北アルプス)撮影に行って参りました。四重奏の撮影場所は定番でしたので
     桜の咲く土手と北アルプスが撮影できる場所で、カップルを狙って撮影しました。


神野
早苗

例会秀作
No.41

藤 雨

 得点: 11点(講評者点 4点+会員互選点 7点)
 講評: 満開の少し前なのでしょうが、それでも流石に白毫寺の藤は見事ですね。花房が重なり合い ボリューム感が増す様に
     カメラ位置を取って居られ、作者の感動が観る者にそのまま伝わって来ます。ただ、未だ開花していない房先が 上から
     垂れ下がって来ているのが目障りで、少々残念です。
 作者コメント:
     4月29日からは観覧中止になるとの情報で、4月27日 丹波の白毫寺の九尺フジを撮影に行きました。朝7時に到着、
     一人いらっしゃいましたがそのうち帰られて、貸し切りとなりました。こんな幸運を感謝してフジの花を堪能しました。
     その嬉しさが写し込めていたらと思います。






森川
幸子

例会秀作
No.16

春の
シンフォニー

 得点: 9点(講評者点 4点+会員互選点 5点)
 講評: 小生 この桜は全く知りませんでしたが、海岸?まで見渡せる とてもスケールの大きな素晴らしい情景ですね。
     これだけの景色の中に 観光客が1人も写っていないのは驚きです。「霞んで残念」との事ですが、春に霞は付き物
     なので悪くはないと思います。むしろ 桜の下の小径を少し目立たなく撮れれば、もっと良かったと思いました。
     もし人を写し込むとしたら、其処でしょうね。
 作者コメント:
     長崎県の白木峰高原に行きました。美しい風景に感激してしまい、構図をじっくり考えることなく撮ってしまったように思いました。
      春霞で遠景がかすんでしまったのが残念でした。例年より桜が咲くのが早く、人が少ない中で撮ることができたのはラッキーでした。









 

上西
達郎

  
例会秀作
No.5

希望の光

  
 得点:  8点(講評者点 4点+会員互選点 4点)
 講評: 撮り尽くされた景勝地なので、どう独自性を出すか作者の感性が問われるところですが、洞穴の中から覗く構図にするとは 見事な
     選択です。これは止むを得ない事なのですが、右端の煩雑な枝だけが残念です。
 作者コメント:
     富山県高岡市、日本の渚百選にも選ばれた景勝地。源義経が奥州へ落ち延びる際に雨宿りしたことが「雨晴」の由来。数年越しの
     早朝の雨晴海岸撮影でしたが、天気を祈って行って参りました。4時起きで撮影場所まで徒歩20分、10人位のカメラマンと一緒に
     撮影でしたが、この洞穴を発見、立山連峰をバックに絶景の場所でした。


神野
早苗

 例会秀作
No.42

街の四月

 得点:  8点(講評者点 4点+会員互選点 4点)
 講評: 直線で形作られた人工物で新緑が切り取られた「街の四月」を、見事に表現されました。天井にまで緑が映っているのですね。ハイライト
     基準の露出設定が的確で、緑の中のシルエットの人も効果的なのですが、出来得れば明るい緑を 人のバックに置きたかったです。
 作者コメント:
     グランフロント北館北側の出入り口、4月17日日曜朝7時頃です。明るい春の朝日をあびて街の緑が映り込んでいました。人工と自然の
     対比を写せたらと思いました。ダイナミックレンジは難しいです。

  なお 4席は2点あり  No.30 森 俊雄さんの「新緑の中で」で、     講評者点4点+互選点3点の  計7点
         と    No.35 宮田陽子さんの「透ける」で、       講評者点6点+互選点1点の  計7点
  また 5席は10点有り No. 1 佐藤威光さんの「浮き桜」で、       講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No. 9 小村明彦さんの「巣材集め」で、      講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.11 小村明彦さんの「ディスプレイ」で、    講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.13 岸  統さんの「しまなみ街道夜明け」で、 講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.18 森川幸子さんの「花桃の里」で、      講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.19 森川幸子さんの「出漁準備」で、      講評者点2点+互選点4点の  計6点
              No.20 天野純子さんの「煌めきの中で」で、    講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.21 天野純子さんの「春の日射し」で、     講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.33 宮田陽子さんの「朝(五月のバラ)」で、  講評者点4点+互選点2点の  計6点
              No.44 野口 円さんの「銀山沢照らし」で、    講評者点4点+互選点2点の  計6点
  でした。
  今月から「お一人4点」と作品数を増やした事と 力作が多かった事で、投票がばらけ 同点作品が多くなってしまいました。本ページの掲載方法を
  見直した方が良いのかも知れません。




ページのトップに戻る
秀作 のページに戻る
サイトのトップに戻る


当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
















































  Copyright  2020 白光写友クラブ