兵庫県西宮市で活動する写真クラブ「白光写友クラブ」公式ロゴ



白光 2020年10月リモート例会 秀作

作 者 秀  作  作  品 画 題




   

小村
明彦

秀作作品
No.25

メタリック 
 ブルー

 

 得点:18点(講評者点 7点+会員互選点 11点)
 講評:
   ・色彩が艶か過ぎて合成かと思いました。蜂の止まり方から見ると鮮やかなメタリックブルーです。
   ・マクロでしょうが見事な描写で、No.30と共に自然の美しさ・素晴らしさを称えたくなります。全紙で見せる事を考慮して、もう少しだけ広く
    (主役を小さ目に)撮った方が良いと思います。
 作者コメント:
    幸せを呼ぶ青い蜂には2種類あって、この日は同じ公園で両方に会えるというラッキーな日でした。そのうち金属光沢のあるオオセイボウを
    マクロレンズで撮りました。






小村
明彦

  
秀作作品
No.43

山のレストラン
2020


3枚組

コサメビタキ/
オオルリ/
キビタキ

  
秀作作品
秀作作品
 得点: 13点(講評者点 6点+会員互選点 7点)
 講評:
   ・すばらしい鳥の食事風景です。三者三様で色も良く、組写真としても成功しています。
   ・画題からすると3枚目だけ実を咥えておらず、葉に隠れて実も殆ど写っていないのが少し残念ですが、3点共素晴らしい描写です。3枚目の
    前ボケの実が煩わしいですが、自然相手には止むを得ないところでしょう。
 作者コメント:
    秋になると、山の木の実を求めて鳥達がやって来ます。1,3枚目はアカメガシワ、2枚目の赤い実は 春の山で白い花を咲かせるタムシバ
    のようです。





  

木股
滋樹

秀作作品
No.5

漁り火

 得点: 12点(講評者点 3点+会員互選点 9点)
 講評:
   ・漁り火は以前にもありましたが、今回は入り江の状況と奥の島影の情景を、よく捉えています。
 作者コメント:
    シロイカ漁の漁り火、最近のLED集魚灯は彩りが豊富です。

 
  なお 4席は No.33 北口幸次郎さんの「湖畔黎明」で、講評者点2点+互選点8点の 計10点
  また 5席は No.27 平野浩一さんの「夕映えの明石海峡」で、講評者点3点+互選点6点の 計9点
  でした。



ページのトップに戻る
秀作 のページに戻る
サイトのトップに戻る






























  Copyright  2020 白光写友クラブ