兵庫県西宮市で活動する写真クラブ「白光写友クラブ」公式ロゴ



白光 2020年8月リモート例会 秀作

作 者 秀  作  作  品 画 題




  


俊雄

例会秀作
No.16

目と目

 得点: 16点(講評者点 7点+会員互選点 9点)
 講評:
   ・激流の中で魚を捕獲した瞬間、よく撮れています。只、主題の「目と目」では魚が少し小さいので、上部を少し切った方が
    良いと思います。
   ・鳥も魚もバックと同色なのですが、ボケとシャッタータイミングで巧みに主役を浮かび上がらせています。
    シャッター速度・構図・露出も含め、秀逸です。
 作者コメント:
    シラサギが魚をくわえて飲み込もうとしています。魚は飲み込まれまいと、懸命の努力をしているようです。2つの目が
    向き合っている瞬間で、厳しさの中に哀れを感じました。






森川
幸子

例会秀作
No.20

清流に咲く

 得点: 12点(講評者点 5点+会員互選点 7点)
 講評:
   ・梅花藻の群生をうまく捉えていますが、中央の清流との周辺を少しアップにしたらどうでしょうか。
   ・梅花藻のボリュームに圧倒され、蛇行する清流の水筋に自然の造形美も感じます。左側が少し窮屈ですが、おそらく邪魔物でも 
    あったのでしょう。
 作者コメント:
    清く冷たい流れの中に、梅花藻が満開でした。醒ヶ井が有名ですが、こちらは福井県で撮影しました。








 

佐藤
威光

例会秀作
No.13

静 寂

 得点: 9点(講評者点 5点+会員互選点 4点)
 講評:
   ・薄雲の中の太陽と一輪の白いハスを、うまく捉えています。全体のバランスも良いと思いますが、出来たらもう少しアンダー
    の方が主題とマッチすると思います。
   ・狙い・構図・露出とも、ベテランの技を感じます。欲を言えば太陽がもう少しだけ向こうに居て欲しいですが、余り身を
    乗り出すと池に落ちますね。
 作者コメント:
    曇天の朝しばらく待って、お日様が一瞬顔を見せてくれました。


伊賀


 
例会秀作
No.40

霧中白樺林

 得点: 9点(講評者点 4点+会員互選点 5点)
 講評:
   ・手前下の植物をなくして、白樺林で奥行きのある霧中の切り取りではどうでしょうか。
   ・丁度良い濃さの霧に出会われました。このシンプルな絵柄の作品の肝は、木々の並ぶパターンです。その意味で、右の太い
    主役が左奥の木と被っているのが実に残念で、霧の中に抜ける立ち位置を探して戴きたかったです。左端の途中までの木は
    不要ですし、手前の花も少しだけで良かったのではないでしょうか。きっと沢山撮って居られると思うので、他の作品も
    見せて戴きたいです。
 作者コメント:
    
  なお 4席は No. 4 森川さんの「水辺の競演」で、講評者点4点+互選点4点の 計8点
  また 5席は2点あって、
         No. 5 上西さんの「お気に入り」で、講評者点5点+互選点2点の 計7点
         No.26 神野さんの「竹林デート」で、講評者点2点+互選点5点の 計7点
  でした。



ページのトップに戻る
秀作 のページに戻る
サイトのトップに戻る






























  Copyright  2020 白光写友クラブ